ペンで図にタッチ

会社の情報管理

白い紙を持つ男性

会社の情報管理が、適切に行われているという証明に、Pマークというものがあります。
Pマークは、情報管理が適切なシステムで行われているか、社員の意識はどうか等厳しく判定されていきます。
判定により、適正とされた場合は、Pマークが発行されます。
Pマークを取得するということで、消費者や取引先の信用が高まります。
また、事業拡大や事業展開を行う上でもPマークは大切なものとなっています。
競合入札やコンペティションの参加条件に、Pマーク認証が義務付けられているというケースも増えてきています。
必要性に応じてPマークを取得するという企業も増えてきています。
多くの会社がコンサルティングを通してPマーク取得を目指しています。

Pマークの一番の目的は、正しく情報を適切な運用で管理しているということです。
Pマークの場合、取得しただけで終わるという考え方があると、本末転倒になります。
顧客の情報流出が発生した場合、Pマークは剥奪されます。
顧客の個人情報流出は、非常に大きな損害を出します。
金銭的に賠償金を支払うこともあり、社会からの信用も一気に失うことになります。
顧客だけでなく、取引先からも信用を失うことで、その後の会社の運営にも大きく関わってきます。
Pマーク取得の場合、コンサルティグに依頼し、取得するのが目的になるのではなく、会社全体で個人情報に対し、しっかりと取り組んでいこうという姿勢が大切です。

ビジネスの面で、セキュリティに力を入れることは義務とも言えるほど大切なことです。
個人情報の流出の中には、会社のセキュリティが甘く、情報を抜き取られてしまったというケースもあります。
セキュリティソフトのアップデートや、簡単に情報が外部に漏れていかないようにパスワードの設定等多くのことを行う必要があります。
個人情報の流出は、非常に大きな損害を生み出します。
会社には、常に最新のセキュリティを持って情報を管理することが必要になります。

情報流出のケース

監視画面

Pマーク取得後も、人為的ミスにより情報流出が行われるというケースがあります。長期的な視野に立ち、情報についての意識を改めていくことが必要です。コンサル会社には短期と長期のものがあります。

詳細を確認する

コンサル会社の選び方

空っぽのオフィス

Pマークのコンサルティングでは、内容から選ぶ場合と、価格や期間から選ぶもの場合の二つがあります。長期の場合、綿密なコンサルティングやシステムを構築することが可能です。また、短期では早く安く取得することができます。

詳細を確認する

会社の実績を知る

キーボードを操作する男性

Pマークのコンサルティングを選ぶ際は、会社や担当者の実績を事前に知っておくことが大切です。実績だけでなく、担当者の雰囲気やどのような運用を行ってきたのか知ることはとても大切です。

詳細を確認する