鍵穴と虫眼鏡

会社の実績を知る

キーボードを操作する男性

Pマーク取得の際に、コンサル会社でパッケージツールというものを作成している場合があります。
パッケージツールとは、Pマークの取得にあたり、システムの構築から申請、取得後の運用まで支援するマニュアルやサンプルデータ、
セキュリティ実行のためのソフトウェア等が一式となっているものです。
金額もリーズナブルに抑えることが可能です。
パッケージツールには、過去の事例をひな形としたガイドラインという側面もあります。
パッケージツールを購入したからといって、安心するのではなく、正しく自社に当てはめて運用を行うことが可能です。
また、Pマーク取得後の運用についても正しく考えていく必要があります。

Pマークのコンサル会社を選ぶ際には、コンサル会社の実績を確認していくということが必要です。
コンサルの会社や、担当コンサルがどのような実績を残してきたのか知ることにより、コンサル能力を知ることができます。
Pマーク取得には、個人情報保護や情報セキュリティ管理の知識以外にも、依頼者と課題を共有し解決するという能力が必要になります。
契約前に、コンサルタントの経歴を知ることにより、安心して業務を任せることができます。
また、コンサル会社によっては社員だけでなく、業務委託の外部コンサルタントを利用している場合もあります。
外部コンサルの場合、担当営業だけでなく、実際にどのような人がコンサルをやるのか知ることが大切です。
事前に会社や担当者の情報を多く手にすることにより、自分の会社に合った情報管理の運用をおしえてくれます。